インプラント治療(うるま市 30代男性)

当初は右下に2本のインプラントを埋入されたいということで来院されました。
しかし詳しく検査すると、そことは別の前歯箇所にかなり大きな病巣が発見されました。病巣は2本分に渡って広がっており、このままではさらに両隣の歯にも波及するリスクがありました。
※これまで別の歯科医院へ通院されていらっしゃったようですが、病巣は指摘されなかったようです。また無症状で進行していたため、患者様ご自身も全く気づかなかったようです。

患者様に状況を説明し、残っている他の歯を守るためにも、緊急性が高い前歯の治療から行うことにしました。
治療としては、2本の前歯を抜歯後、病巣をすべて除去し、仮歯を装着。その間に骨を作り、2ヶ月後にインプラントを埋入するという流れです。

沖縄県のセレブ・デンタルオフィスは、症状やご要望がある部位の検査だけでなく、口腔内全体をしっかり検査した上で治療をスタートします。これは当院のコンセプトでもあります。
>>木を見て森を見ない診療について

お口のことでお悩みがある方は当院までご相談ください。
一覧に戻る