インプラント治療(宜野湾市 50代男性)

当院で過去にインプラントを埋入された、義理の妹様の紹介で来院されました。

上顎に残っていた数本の歯が歯周病によってグラグラしていたこともあり、少し前に他院で全て抜歯された状態でした。抜歯後の治療法は入れ歯を選択されたようです。
しかし入れ歯がご本人に全く合わなかったようで、装着するだけで違和感がすごく、食事もほとんど召し上がれなかったようです。

上顎に歯が全くない状態でしたので、固定式のインプラントを埋入すると費用負担が大きくなってしまいます。
そこで、インプラントを併用した義歯を提案しました。インプラント義歯であれば、インプラント本数が半分で固定できるので、費用負担が大きく軽減されます。

入れ歯の違和感の多くは、口蓋と呼ばれる部分がお口の上部を覆ってしまうことで感じてしまいます。違和感回避のために口蓋をくり抜いてしまうと、入れ歯がフィットせず、しっかり噛めなくなります。
しかしインプラント義歯であれば、口蓋をくり抜いた入れ歯でも、インプラントでしっかり固定することができます。

入れ歯の違和感でお悩みの方は、インプラント義歯がおすすめです。

一覧に戻る